出産費用の平均と出産費用比較

 お金がもらえるハンドブック(2010年版)

病院によって出産費用は異なるのか?

出産場所によって出産費用はかなり異なることがあります。

大切な赤ちゃんを出産するのに、費用は関係ないわ、という方は別として、一般的には安全で、なるべく費用が安い、環境がよいのが理想ですね。 想定外のトラブルなどで予定より費用がかさむ場合もありますが、大体の目安を比べることで、出産場所を選ぶ目安になります。


一番確実なのは直接病院に電話して、出産費用について確認することです。

この料金より高くなることもありますが、という前置きつきで、通常は出産に関わる費用の大体を教えてくれます。

実際に、私は出産前に里帰り場所近辺でいくつかの候補となった病院に電話して費用をしっかり確認しました。


あくまでも私の経験ですが、ブランド産科病院は50万円〜80万円、私立総合病院で40万円、公立総合病院で30万円弱と言われました。

結果的には公立総合病院での出産を選んだのですが、費用だけでなく、上記の中で、新生児集中治療室(NICU)が唯一開設されていたのも決めての一つです。


このように出産にかかる料金は環境は病院によってかなり異なります。

費用が最優先なのか、美味しい食事や個室が優先なのか、医療設備の充実が優先なのか、希望は人によって違います。出産を予定している候補病院についてよく調べ様々な角度から比較してみることをおすすめします。

 

学資保険・こども保険ナビ